自己破産をする上で整理すべき要素とは

自己破産を行うということは、色々な場所でちょっとした手続きを行う必要があるということになります。そこで今回はそんな自分の借金を清算するための方法である債務整理や、自己破産に必要な書類な手続きを行う場所についてご紹介を致します。


■自己破産に必要不可欠な書類たち

債務整理のために必要なのは書類とそれに伴う費用です。費用はそれぞれ弁護士などに依頼することで発生するため、一様にこの金額であると言うことが出来ませんが、ここではより明確である、その手続きに必要な書類たちについて箇条書きにてご紹介を致します。

【必要となる書類一覧】
・借入を行なっている銀行や消費者金融のカードたち
・個人の預貯金している通帳
・印鑑という名の判子
・本籍と現住所が記載されている住民票
・所得税が載っている源泉徴収票

今債務整理を行ないたいと考えている方は必ず、どこかの銀行や消費者金融などでお金を借入しているはずです。それはクレジットカードもそうですし、カードローンもそうなります。要は人からお金を借りていてその返済が出来ないという方が、自己破産や債務整理を行う訳ですから、その借入を行なう際に用いた書類やカードを持って行けば良いということになります。
次に必要なのは自分が持っている預貯金口座の通帳です。ただカードを持って行っても数値の確認に手間取るため、必ず通帳を持っていくようにして下さい。その通帳の内容を更新していない場合は、一度ATMに持って行って内容を最新にしましょう。印鑑と住民票は手続きの確認と捺印に必要なものなので持参して下さい。住民票は住所の確認程度なら、運転免許証やパスポートでも良いのではないかという意見もありますが、このような自己破産などの手続きとなると住民票などのより公的な書類が必要になるのです。家の契約時などにも、やはり住民票は必要になりますよね、いざという時にはやはり必要な存在となる訳です。
そして最後に源泉徴収票ですが、こちらは仕事や勤務体系によっては発行されないケースがあります。そういった場合には課税証明書を市役所にて発行してもらい、持参するようにしてください。


■必要な書類は必ず持って行くこと

債務整理や自己破産をしたいと思っても、その手続きを身一つで行うということは出来ません。その場合は必ずその手続きに必要な書類を持参して、しっかり契約が出来るように準備をする必要があるのです。自分がその手続きをきちんと完結出来るように、書類に不備がないようにきちんとチェックを行い、自己破産の手続きに挑みましょう。

This entry was posted in 債務整理辞典. Bookmark the permalink.

Comments are closed.